人気ブログランキング |

八王子めじろ台バプテスト教会 hachimejib.exblog.jp

〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036  礼拝(日)AM10:00~12:10              祈り会( 水曜日 午前10時~11時20分


by hachimejibap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2019年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

平和をつくる人

2019818日 八王子めじろ台バプテスト教会 礼拝メッセージ要旨

吉村知子

メッセージ題: 「平和をつくる人」

聖書箇所  : マタイによる福音書59と申命記512-15

要旨

 イエス様はマタイによる福音書59節で「平和を実現する人々は、幸いである。」とおっしゃいました。「平和とは何でしょうか」、この世の平和と「主の平和」はどこが違うのでしょうか。今日は聖書の語る「平和」について、旧約聖書申命記5章からご一緒に考えて行きたいと思います。

 「平和」はヘブライ語で「シャローム」と言い、「平和、平安」を意味します。礼拝式最後の「祝福と派遣の言葉」に民数記624-26の引用がありますが、26節「主が御顔をあなたに向けて、あなたに平安を賜るように」の「平安」にはシャロームの語が使われています。ユダヤ人は今でも「こんにちは」と言う挨拶に「シャローム、○○さん」と言い、相手に主の平和があるようにと願うそうです。

 この平和は、私たち日本人だけに限定されるのでしょうか。日本に住む外国の方々にも神様の平和、祝福は同様に注がれていると思うのです。申命記512-15は安息日についての規定ですが、14節には「安息は・・あなたの門の中に寄留する人々にも同様に与えられる」とあります。「寄留者」とは今で言う「外国人」です。外国人への配慮がすでに旧約聖書に書かれているのです。八王子市には約50万人住んでいますが、そのうちの約1万人は外国の方々です。私はかつて、外国人に日本語を教えるボランティア活動をしていましたが、風習の違いで近隣住民とトラブルになり困惑した外国人の話を聞きました。

 私たちは自分と違う肌の色、言葉、行動パターンなどに遭遇すると、まず防御反応があり、心のバリケードを作り出し、そこから抜け出すことがむずかしいことがあるのではないでしょうか。その結果、相手もバリケードを作り、互いに理解し歩み寄る機会を奪ってしまうのではないでしょうか。

 神様はすべての人を愛し、ご自分の“命の息”を吹き込んでくださいました(創世記27)。「平和をつくる人」。まず、心のバリケードを外せるよう、平和の主に祈り求めましょう。


by hachimejibap | 2019-08-18 20:45 | メッセージ

今日のメッセージ  八王子めじろ台バプテスト教会


201984                 協力牧師 北島靖士

聖書: ヨハネによる福音書1625節~33

テーマ:平和  メッセージ「しかし、勇気を出しなさい

さきほど、礼拝式前祈祷として、いわゆるモーセの十戒をご一緒に朗読いたしました。なぜ、こういうことをしたかと言いますと、この十戒を基にして、日本バプテスト連盟は2002年に「平和に関する信仰的宣言」【平和宣言】というものをしているからです。その意味で十戒は今月のテーマである「平和」を語るのにふさわしいと思います。なお「平和宣言」は教会員手帳に出ていますので、読んでおいていただきたいと思います。

さて、わたしたちは十戒、10の戒めというけれども、出エジプト記201節を見ますと、それは神さまの10の言葉です。戒めということで、なにか窮屈に縛られてしまうという思いが先立つのですけれども、それは全く逆です。出エジプト記10章の2節を読んでみましょう。「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である。」十戒とはあなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出す自由の言葉です。わたしたちは奴隷なんて大昔の話だ、と思っています。しかし何年か前にも、ヨーロッパのある国で何十人もの奴隷として売られようとしている子どもたちを国際援助団体がお金を出して、自由にしたということが新聞に出ていました。アメリカでもリンカーンが奴隷解放宣言を出してから170年になろうしています。しかし、いまでも南部バプテストの白人の教会には黒人はほとんどみかけません。たまにいてもそれはお掃除や、台所に雇われている人です。まちのゴミ集めをしている人はほとんどが黒人です。現在の大統領のもとで、外国人差別がいよいよ激しくなっていることを御存じの事と思います。

よその国のことを言ってはおられません。わたしたちの国にもさまざまな差別があります。政治的にも、社会的にも、経済的にも、文化的にも不自由さを感じています。ネットを見れば、韓国人に対するヘイトスピーチが満ち溢れています。一万円札はまだ福沢諭吉ですが、彼は日清戦争の時に「チャンチャンの軍艦を打ち沈めること造作なきことなけれども」と言っているそうです。チャンチャンとは「チャンコロ」と同じで、中国人に対する侮蔑の言葉です。

そして根本的にはわたしたちの奥深くに「罪」が巣くっているのです。そこから、あなたを解放し、自由にしたのはわたしだと神さまは言われているのです。

(これはメッセージの冒頭部分です。アウトラインではありません。)


by hachimejibap | 2019-08-07 21:29 | メッセージ