八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

すべての国の人のため

テーマ 礼拝
聖書 マルコによる福音書 11章 15~19節
2019年1月13日    主日礼拝             牧師 左右田 理


 「…両替人の台や鳩を売る者の腰掛けをひっくり返された。(15節)」…この光景の背
後には、異文化社会からエルサレム神殿礼拝に集まる人々の姿があります。歴史的動
乱で、遠隔地に散らされていたイスラエル人たち(離散の民、ディアスポラ)が、巡礼の長
旅、その危険で疲労困憊した果てに要求されたのは、神殿で通用する通貨への両替、
そして捧げ物にふさわしい生け贄の調達でした。しかもその一つ一つの段取りの手数料
の相場も巡礼者には不明だったようです。神殿管理側からすれば巡礼を助けてあげて
いるつもりだったとしても、イエス様の見方とは大きくくい違っていました。(17節)
 当時のユダヤ教社会には異邦人改宗者を受け入れる“寛容さ”が開花していました。
とは言っても彼ら外国人改宗者には神殿まわりの経済事情の難解さに加え、礼拝領域
に制限があり、しかもその礼拝可能域に商人たちが集中したとも言われます。なお本日
の聖書箇所の出来事は、四福音書すべてに並行記事として載っています。それら主イ
エスの神殿礼拝批判について、もしマタイ21:12~17を経済格差批判、ルカ19:45~48を利
潤追求批判、ヨハネ2:13~22を命の犠牲(生け贄)批判および利潤追求批判として受ける
なら、本日のマルコは人種差別批判として聴くことができましょう。
 イスラエルの選民思想の歴史において、神の民でない者たち(異邦人、よそ者)に対す
る寛容さは、そのよそ者の歴史的功罪によって増減されていたようです。(申命記23:4~
9) 同じように礼拝したくとも、過去の功罪によって礼拝に制限が割り振られていたこと
になります。しかし初代教会のクリスチャンはイエスの教えを受け、あらゆる人があらゆ
る功罪差別から解放され、誰もが等しく礼拝の民として受け入れられていくキリストの明
日を信じて、バプテスマを受けてきたのではないでしょうか。(ガラテヤ3:27~28) 
 キリストの礼拝は福音に満ちた家として、すべての国の人の祈りの家です。より広く、
共に祈ることのできる環境に向け改革していくことは礼拝者の使命と言えましょう。けれ
ども時に礼拝の改革は、従来の慣例や信仰的平安をもたらす作法を根底から見直し、
揺さぶり、また中断させる出来事へと発展します。(15~16節) 改革に対する反発も激し
くなります。(18節) しかしそれでも、“すべての国の人の祈りの家であるべき”というキリ
ストの熱情は永遠に変わらないのです。


by hachimejibap | 2019-01-14 14:30 | メッセージ

多くの人のために

テーマ 神の国の食卓
聖書 マルコによる福音書 14章 22~26節
2019年1月6日    主日・新年礼拝            牧師 左右田 理

 本日は、2019年最初の主の日、このメッセージに続いて主の食卓を覚える主の晩餐
式があります。なお本日の聖書箇所について歴史的には“最後の晩餐”として紹介され
ることがあります。十字架で裂かれる主のからだ、流される主の血、そのような主の最
期から証しされる救い(贖い)が意識されているのかも知れません。しかし最後の晩餐は
“始まり”の食卓だったのではないでしょうか。より「多くの人のために」(24節)…それこそ
救い主イエスが思い描き、飢え渇き待ち焦がれている食卓なのではないでしょうか。
 イエスのからだであるパンを「取りなさい」(22節)…並行記事であるマタイによる福音書
26:26では「取って食べなさい」と記され、イエスとの一体化(贖い)がイメージされますが、
本日マルコ14:22では「取りなさい」と、招きに集中しています。“どのようなものかわから
なくとも、まずは手に取ってごらん、どのような食卓かわからなくとも、まずは共に食卓に
ついてごらん…” 主イエスの切実な招きです。主の晩餐が過越の祭の出来事であった
ことを思えば、マタイのように贖いを意識して主の言葉に耳を傾ける大切さも認めつつ、
四福音書の中で執筆時期がもっとも早いと考えられるマルコを軸にさらに聴きましょう。
 「パン」に続き「杯」についても、マタイ26:28では「罪のゆるし」という旧約概念、
贖いの契約が反映された招きになっていますが、本日マルコ14:24では“救い主の”血の契約と
して聴くことができます。(ゼカリヤ9:9~12) それは強い者勝ちの世から諸国の民が解放さ
れる希望の契約です。マルコにおいて主の食卓は、世の虐げられし万民が解放される
その時まで、神の国は成就しない、イエス自身も自らを楽しませることはない、という世
の救い主としての強い決意が証しされる食卓となるのです。(24~25節) マタイ26:28~29
が「あなたがた」という弟子たちへの呼びかけを通して、キリストに贖われた教会が「多く
の人々」となる“広がり”に神の国(の食卓)を期待しているとすれば、マルコは救い主か
らの“一方的福音的宣言”として神の国(の食卓)を保証しています。(マルコ1:15)
 ここから主イエスの進む先に待ち受けていたのは十字架の死です。しかしそれは単な
る最期ではなく、賛美の始まりです。(26節) 十字架の向こうに神の国の食卓を証ししよ
うという主の決意に満ちた賛美です。多くの出会い、その痛みの向こうにこそ備えられて
いる神の国の食卓に向け、共に賛美し、共に食卓を囲みましょう。


by hachimejibap | 2019-01-06 13:00 | メッセージ

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap