八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

神の前に豊かに

テーマ :永遠の命
聖書 ルカによる福音書 12章13~21節
2016年6月5日                          牧師 左右田 理

 福音書にはところどころで、イエス様の不思議な振る舞いが記されています。たとえば
娘の助けを願う女性の訴えに、すぐさま応えようとされなかった場合もありました。(マルコ
7:26~27) 本日の聖書箇所でも、助けを求めている人の生活費のゆとりを確かめた上
で、一連の会話を始めておられるわけではありません。キリストの恵みは、人としての
情緒、いわゆる人情によっては納得し切れない出来事なのでしょう。なぜなら、キリスト
の恵みは、人知を越えた“神の”言葉だからです。(ローマ9:14~15)
 財産、環境、人間関係…さまざまな「所有」によって人の幸福度が測られるということ
は、世の常です。しかし「所有」に対する“神の”言葉は、「どんな所有も、あなたの手を
離れて他人の手にわたるときが必ず来る」、というものです。(20節、コヘレト6:1~2) ですか
ら、イエス様の言葉、キリストの恵みもまた、所有による幸福度に貢献することはありま
せん。所有そのものではなく“手放すこと”に貢献する十字架の言葉であり、十字架の
恵みなのです。ですから主のご加護もまた、所有権の永久保証ではありません。いつ、
どこで、誰が、誰に対して、何を、どのように手放せば良いのか、その正しい“手放し方”
を導き守ってくださることこそが、主のご加護です。(33節) 手放すという目的(幸い)のた
めに、獲得や所有という手段(道具)が備えられているのです。(使徒言行録20:35)
 私たちは悩み事について祈り、訴えても、その悩み事が解決、解消されていくとは限り
ません。なかなか解決の光が見えないばかりか、逆に、ますます混乱していくように見え
るような場合だってあることでしょう。しかし、じつはキリストの言葉は、その悩み事がど
のように解決していくのかについては神に委ね、手放すよう招く言葉として、すでに生き
て働いてくれているのです。ですから私たちキリスト教会は、“共に”十字架の主を仰ぎ
つつ、それまで抱えていた悩みを“共に”委ね、そのつど十字架の言葉が指し示す神の国
の課題、永遠の命の課題に向けて“共に”前進していきましょう。(31節)
 当教会は今、「広く共に生きる群れ」として、「絶えず新しい言葉に生きる」群れとして
歩み始めています。戦時中、そして戦後も日本の軍備拠点としての苦難を背負わされ
ている沖縄…この6月は沖縄を覚える「命どぅ宝」の日を、十字架の言葉によって指し示
される永遠の命を受ける日として、心新たに、共に迎えようではありませんか。
[PR]
by hachimejibap | 2016-06-11 15:50 | メッセージ

だから、こう祈りなさい

テーマ :主の祈り
聖書 マタイによる福音書 6章9節
2016年5月29日                   牧師 左右田 理


 5月1日礼拝メッセージで、従来の主の祈りを「文語訳聖書による」と紹介しましたが、
歴史的には出典不明だそうです。そもそも「主の祈り」とは、福音書的に見れば、「キリ
ストの言葉に聴く対話の場による祈り」ということです。(マタイ5:1~2、ルカ11:1) ところが
従来の主の祈りは、日本基督教団讃美歌委員会による「讃美歌21」などで「1880年訳」と
されていますが、どのような人々が、どの邦訳聖書から共に聴き取ったのか、その場、
その群れが確認されることもなく、諸教会で「主の祈り」とされてきたことになります。
その点、「新共同訳聖書(マタイ6:9~13)+日本キリスト教協議会統一訳頌栄」は、「キリストの
言葉に聴いた場」、その群れが明らかになっている「主の祈り」です。
 「主の祈り」の言葉は“天”に言及して始まります。これは新旧両約聖書で証しされて
いる救いが、決して個人主義的、身内主義的な出来事ではなく、天と地との関係回復と
いう世界的な展望であることを教えてくれています。聖書の救いの原点として描かれる
アブラハムの旅路にも、地上を歩むアブラハムが天を仰ぐことで神と向き合う描写が多
く出てきます。しかし私たちが注意したいのは、アブラハムは、当初、アブラム(父は高
められる)という名前だったのに、神によって、アブラハム(多くのものの父)と改名するこ
とになったということです。(創世記17:5) 人は“天”と聞くと、遠く高いところへ自力
で昇ることを救いだと勘違いするかも知れません。(創世記11:1~9「バベルの塔」) けれ
ども身内による安定を越え、見ず知らずの他者と広く出会っていくアブラハムの旅路に
“天”が現れたのです。“天”には国境のような、いかなる境界線もありません。“同”
国民、“同じ”気質、“同じ”考えなど、仲間内での結束に満足する生き方を捨てて、
“よそ者との対話の広がり”へ前進する旅路にこそ、“天”が現れたのです。
 今年3月と5月の総会を通して、「広く共に生き」、「絶えず新しい言葉に生きる」歩
みへと、すでに当教会は招かれています。私たちは「対話の広がり」に生き、「絶えず
新しい対話」に生きる群れです。ですから「主の祈り」もまた、その「対話の場」が、
より明確な祈祷文へと前進していくときに、より豊かに“天”を受けることでしょう。
                              (エフェソ3:18~19)
   「だから、こう祈りなさい。
        天におられるわたしたちの父よ、 御名が崇められますように。」
[PR]
by hachimejibap | 2016-06-11 10:47

向こう岸に渡ろう

テーマ 礼拝
聖書 マルコによる福音書4:35~41
2016年5月22日                協力牧師 北島靖士
 友人の牧師がこんなことを話していました。彼は長年牧師を続けていましたが、自分
の教会の課題が何であるのか、わからなくなってしまったことがありました。その時彼
は日頃私淑している自分の先生を訪ねて「教会の課題は一体何でしょうか」と尋ねまし
た。その先生はしばらく沈黙しておられましたが、やがて「わたしたちがこうしている
ということは、ラクダが針の穴を通ったということかもしれませんね」と答えられたと
いうのです。友人の牧師は「ラクダが針の穴を通る」(マルコ10:25)という表現には
大変驚きました。そして先生が「礼拝ということは、らくだが針の穴を通るような奇跡
だ。礼拝こそ教会の一番の課題だ」と言われていることがわかったのでした。
 そうです。礼拝は神が引き起こされる奇跡です。主なる神礼拝は決して人間の側から
は起こりません。人間の要請によっては起こりません。人間の要請によっておこる礼拝
は、人間の欲望に仕える神を礼拝する礼拝です。人間の要請からなされる礼拝にもう一
つ重要な問題があります。漢字の「禮」はもともと宗教的な意味をもっていたと考えら
れますが、やがて「君子」の個人倫理の一つと考えられるようになりました。日本でも
「斉国修身」の方法となり、「礼楽」として政治体制の規範となりました。そして、何
を礼拝するのかが曖昧になってしまっていたところに、明治以降「現人神(あらひとが
み)」としての天皇をはめこんだのです。戦時中の教会には礼拝の始めに宮城遥拝を中
心とする「国民儀礼」が強制され、教会はそれを受け入れました。すなわち天皇を先ず
礼拝し、その次にキリスト教の礼拝が始まったのです。
 イエスさまはマルコ4:35で「向こう岸に渡ろう」と言われました。イエスさまの言葉
があって初めて、弟子達の向こう岸(神の国)への旅路ははじまります。礼拝が始まる
言葉は「招詞」です。招詞は礼拝が人間の側、人間の要請からではなく、神の招きによ
ってしか、始まらないことを表しています。ですから司式者は招詞を神の言葉として宣
言する必要があるのです。そして、向こう岸に渡った人間はそこでまたイエスさまの
「向こう岸に渡ろう」との言葉を聴き、こちら側の岸に戻ってきます。礼拝においては
(祝祷ではなく)「祝福と派遣」によってこの世界へと遣わされてゆくのです。
[PR]
by hachimejibap | 2016-06-10 10:46 | メッセージ

神の偉大な業を

テーマ :聖霊
聖書 使徒言行録 2章1~13節
2016年5月15日 ペンテコステ礼拝             牧師 左右田 理

 神の民イスラエルにとって大切な祭が年に三つ、その一つが五旬祭(ペンテコステ)、いわ
ゆる収穫感謝祭でした。当時、神の民イスラエルはイスラエル領土内だけでなく、国外
諸地方にも点在していて、彼らはディアスポラ(離散の民)と呼ばれていました。イスラ
エルの民はディアスポラの歴史的原因に、神の裁きを見ていました。(申命記29:26~27)
彼らディアスポラは、聖地エルサレム在住の民より、自らの罪深さを深刻に受けとめて
いたと考えられます。つまり聖地エルサレムから遠く離れ暮らすことになった自分たち
の歴史を振り返り、救いから漏れた落伍者として、神の裁きにあうことのないよう、熱
心に参拝していたと考えられます。そして、そのように自らの罪に悩むディアスポラと
信仰を共有していたであろう異邦人改宗者たち(11節)と共に、罪の赦しを切実に願い求
めながら参拝していたと考えられるのです。(詩編65:4~6)
 本日の聖書箇所は、十字架で殺されたイエス様が復活、昇天された後、弟子たちに
神の霊が降った出来事が描写されています。歴史的に、ユダヤ教の収穫祭とも言われ
るペンテコステに起きたこの出来事が、私たちキリスト教会の起源とも言われています。
実際、イエス様は、まだ十字架にお掛かりになる前、霊的な収穫について語っていらっ
しゃいました(ヨハネ4:23~24,34~36) そのときイエス様は、自らの空腹のために弟子たち
が用意してくれた食物に手を伸ばそうとせず、当時、神の民イスラエルから罪に汚れた
民として遠ざけられていたサマリヤの住民と食卓を共にするに至ったのです。イエス様
は、救いから遠く縁がないと見なされていた者を最優先しようとする交わりにこそ、ま
ことの神礼拝、霊的な収穫を見ておられたのではないでしょうか。(マタイ20:16)
 当時、ヘブライ語は聖地エルサレムの聖なる言語でした。それは多様な言語文化の
もとで生まれ育ってきた人々にとって、罪の世に生きている自分の罪深さ、神の裁きを
意識させられる悲しい現実でもあったのではないでしょうか。(創世記11:9) しかし聖
霊は、人の目には神の裁きの対象にしか見えないような過去をこそ、十字架の愛の広さ、
長さ、高さ、深さを告げ広める器として聖別してくださるのです。(エフェソ3:18~19) キリ
スト・イエスにあって「広く共に生きる」器として、すなわち多様な文化言語と出会い、
「絶えず新しい言葉」に生きるために、キリスト教会は生まれたのです。
[PR]
by hachimejibap | 2016-06-09 10:44 | メッセージ

日々新たに

テーマ :新生
聖書 コリントの信徒への手紙 二 4章7~18節
2016年5月8日 主日礼拝                 牧師 左右田 理

 私たちのからだは、イエス様の命が現れるための器です。(10節) そのために復活の
イエス様は息を吹きかけておっしゃいました。「聖霊を受けなさい(ヨハネ20:22)」。みこ
とばを受けることによって、何か目覚ましい繁栄や成功の兆しが示されたわけではあり
ません。しかし、聖霊による新しい命、すなわちイエス様の命は、みことばを受けると
き、たとえ目には見えなくとも、すでに始まっています。そして始まった命は、命であ
り続けるために永遠に外へと向かっていくのです。(18節)
 イエス様の命が現れるための私たちのからだは、イエス様の十字架の死をまとってい
ます。(10節) すべてが奪い去られる苦しみを恵みとしてまとっています。(フィリピ1:29)
初代教会時代のクリスチャンの大多数はユダヤ人でした。ユダヤ教徒として神に救わ
れると教えられてきた神殿礼拝、馴染んできた会堂礼拝に身を捧げてきた彼らでした。
しかし、彼らは生まれてから馴染んできたその礼拝生活を奪い去られていくことになり
ました。(ヨハネ9:22) なぜなら、信仰の拠り所までもが問い直されるようなその苦しみこ
そが、彼らの身にイエス様の十字架の命が現れる恵みだったからです。迫害され、追
われてなお、その行く先々で、今まで信仰の拠り所として馴染んできた礼拝生活をくり
返し根本から見直し、立て直していったキリスト教会の歴史的な労苦こそが、イエス様
の命が全世界へ豊かに満ちあふれる恵みでした。(12~15節)
 現代に生きる私たちにも、その恵みは豊かに引き継がれています。この4月から当教
会でも新礼拝順序をもって新たな礼拝形成に向かうチャレンジが始まっています。引き
続き試行錯誤し、対話を重ねていくことで前進します。それは「絶えず新しい言葉に生
きる」礼拝です。絶えず新しい言葉に生きることは、当教会の礼拝が、あらゆる命に開
かれた礼拝へと日々新たに生まれ変わっていくということです。聖霊による新しい命が
絶えずあふれ出て、外へと広がる礼拝となるのです。
 教会はキリストのからだです。十字架の死をまとっています。馴染んできたあらゆる習
慣、慣例に絶えず、くり返し死ぬことによって、中から聖霊による新しい命、キリストの
命が、後から後からあふれ出てくるのです。(16節) 新しい言葉に生きる礼拝によって、
古きに死ぬ軽い艱難を乗り越え、重みのある永遠の栄光に向かいましょう。(17節)
[PR]
by hachimejibap | 2016-06-08 10:43 | メッセージ
テーマ :新生
聖書 マタイ福音書 6章9~13節
2016年5月1日 主日礼拝                  牧師 左右田 理

 本日の聖書箇所は、イエス様が弟子たちに教えて下さった祈り、通称「主の祈り」で
す。私は教会付属の幼稚園時代より、文語訳聖書による「主の祈り」を通して、「自分た
ちの食生活が、今日も、明日も、いつまでも変わることなく、平穏無事でありますように」
といった祈りのイメージが強かったように思います。しかし、「新共同訳聖書(マタイ6:9~13)
+日本キリスト教協議会統一訳頌栄」としての「主の祈り」を唱える時、自分の必要が
何であるを、その日ごとに、神さまにお尋ねし、お委ねし、また神さまからのお応えに従
う自由を感じます。祈りを捧げるたびに、食欲など、ただ人の側の願望の中へと閉じこ
もってしまうことなく、神さまとの豊かなやりとりへと、無限に招かれていく解放感です。
 食に関する祈りの前には、神の御旨を求める祈りがあります。御旨を求めてから食に
向かう、それが主の祈りの順序です。食に関する神の御旨については、イエス様も荒れ
野でサタンからの試練に遭われた際、お応えになっていますが(マタイ4:3~4)、それは旧
約聖書の申命記8章3節からの引用でした。そこから見えてくることは、モーセに率いら
れて荒れ野を旅した救いの民イスラエルには、食に関する神の御旨がこめられていた
ということです。その御旨とは、食を通して人が試練を受け、人としての欲求よりも神の
言葉に従うようになるためだったということです。そこで心にとめたいことは、食を通し
て与えられる御旨、その試練の一つに、断食があったのではないかということです。
 出エジプト記には、モーセが民を束縛から解放しようとしたことによって、逆に支配者
からの抑圧が厳しくなったという皮肉な展開が描かれています。しかし、悪に逆らうこと
によって、乏しさ、貧しさを分かち合っていく先にこそ、神の御旨にかなう断食があるの
かも知れません。(イザヤ58:6~7) そのような神の御旨を分かち合うための力こそが、
「私たちに必要な糧として今日与えられる」のではないでしょうか。だとしたら、ただ慣
例、習慣のようにして「日用の糧が与えられる」わけではありません。
 教会はキリストのからだであり、頭であるキリストの言葉、十字架の苦難の主から、
日々語りかけられて、「絶えず新しい言葉に生きる」群れです。出エジプトの招きに応え
て、それまでの慣例や習慣を乗り越えて前進する群れです。絶えず新しい言葉と出会っ
ていく歩みの中で、命の糧を受けていく群れです。
[PR]
by hachimejibap | 2016-06-07 12:41 | メッセージ

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap