八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

光は闇の中に輝いている

宣教 「光は闇の中に輝いている」

聖書 ヨハネ福音書1:1~14
2012年12月23日 クリスマス礼拝


 命の光、神の言葉であるイエス・キリストは、すでに全地に満ちあふれています。誰彼が
それに気づく前から、伝え始める前から、そのことが、まだ誰かれに届く前から、すでに、
世界の果てにまで及んでいました。(ヨハネ1:1~3、詩篇19:1~4) なにか光の世界と闇の世界
とが真っ二つに分かれているというわけではなく、絶えず真っ暗闇のただ中にこそ、まこと
の光があったのです。闇…それは、置いてきぼりの感覚、置き去りの不安ではないか、と今
の私には思えます。闇の中に光が輝いている…それは、置いてきぼりの感覚や、置き去り
の不安に苛まれている人々の中に、「神はすでに、あなた方と共にいます」、という声が響
き渡っている、そういう光景が思い浮ぶのです。
 今回の衆議院選挙の結果を受けて、今後の社会的展開が鮮明になりつつあるように思
えます。ひらたく言ってしまえば、役に立つ人間と役に立たない人間とを差別する社会です。
お国の役に立つ者は引き立て、役に立たない者は後回し、そういう社会展開です。
 人は弱い。自分が置いてきぼりにされそうもない、とわかっているうちは、他人を気遣うこ
ともできるけれど、自分が置いてきぼりになるかも、という不安に苛まれ出すと、自分への
気遣いで精一杯。それが罪の世の真実であり、私たちの真実の姿でもあります。しかし、
そのような人の弱さ、世の罪深さをご存じであればこそ、神は救い主としてこの世にお生ま
れになったのです。インマヌエル、神、われらと共にいます。神は決して誰も孤立させて終わ
らせない、ひとりぼっちで終わらせない、これこそ、天からのクリスマス・メッセージです。
 神が人となる、それは私たちの間に、神さまが住んでくださる、という恵みのメッセージで
す。(ヨハネ1:14) 人々があなたのもとを去っても、神は変わることなく、あなたと共にいる、こ
れぞ、クリスマス・メッセージの醍醐味です。赤ん坊救い主がこの世に産声を上げたクリス
マス。その産声は十字架上でのキリストの叫びにつながっていきます。それはこの世のあら
ゆる不安、苦しみの極みに、永遠の愛の神が共におられる、という証しでした。そしてそれ
はまた、「もはや、誰一人として、ひとりぼっちにさせない」、という復活のキリストによる、
力強い約束の言葉でした。
 本日礼拝後に、キリストのご降誕を祝う祝会にて、皆様、ご一緒にお食事をしましょう。こ
のクリスマス、創造の神による「はなはだ良い(創世記1:31)」、という限りない喜びの世界を、
キリストの言葉を通して味わいましょう。
[PR]
by hachimejibap | 2012-12-26 12:17 | メッセージ

神によって成った教会

    宣教 「神によって成った教会」

聖書 エペソ人への手紙1:20~23
2012年11月11日

 本日は、当教会の契約の本文6行目「わたしたちは、この教会が人によって成ったもの
ではなく、神によって成ったものと信じます」について、ご一緒に御言葉に聞きたいと思い
ます。
 人はついつい、自分が何かを成し遂げた時、自分自身の思い、自分自身の力で成し
遂げたと考えがちです。しかし神の言葉によれば、私たちは自分の力で生きているので
はなく、自分の力で誰かを生かしているわけでもなく、ただひたすら、キリストの言葉に
よって生かされているのです。パウロは言います、「わたしは植え、アポロは水をそそい
だ。しかし成長させてくださるのは、神である。」(Ⅰコリント3:6)
ここでパウロが直接的に言っていることは、キリスト教会のことです。
 「神はその力をキリストのうちに働かせて、彼を死人の中からよみがえらせ、…この世
ばかりでなくきたるべき世においても唱えられる、あらゆる名の上におかれた。…この
教会はキリストのからだであって、すべてのものを、すべてのもののうちに満たしている
かたが、満ちみちているものに、ほかならない。(エペソ1:20~)
  いわゆる天国と地獄の境目を取り払ってくださったお方としてキリストを世に告げ知らせ、
身をもって世に証ししていく、それは教会に与えられた使命の一つです。私たちは世の
うめき、叫びの中にあり、様々な苦悩を耳にします。しかしその際、私たちは、ただ苦悩を
聴くのではありません。すでに十字架のご支配に、復活の希望にとらえられているもの
として、あらゆる苦悩の声を聴き取っていくのです。そのために私たちは聖霊の働きを
祈り求めなければなりません。なぜなら、私たちの意志の力では、苦悩は苦悩でしかなく、
苦悩は結局すべて絶望になってしまうだけであり、それが人間の力、意志の限界だから
です。復活の希望のもとにあるものとして、あらゆる苦悩の声を聴き取っていく、この教会
の使命をまっとうさせてくださるのは、他ならぬ神ご自身です。
 教会をご自身のからだとして、ご自身の手足としてすでに贖ってくださったキリストの神
が、教会の使命を全うさせてくださいます。
[PR]
by hachimejibap | 2012-12-07 15:41 | メッセージ

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap