八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

恵みから始まる

  宣教「恵みから始まる」

聖書 エフェソの信徒への手紙2章1~10節(新共同訳)
テーマ 神の恵み(「八王子めじろ台バプテスト教会の契約」その2)
2012.10.14

 聖書には「終わり」とか「終末」という言葉が出てきますが、
これは「究極のもの」という言う意味です。それでは、わたし
たちの世界、わたしたちひとりひとりの人生にとって究極のも
のとは何でしょうか。それは神さまの恵み以外にはありません。
恵みからすべては始まるのです。
 
 今日の聖書の箇所は大きく二つの部分に分かれています。1~3節
と4~10節です。前の部分では「あなたがたは、以前は死んでいた」
と言われています。こんなことを言われてわたしたちは「はい、そ
うでございます」と受け入れることができるでしょうか。できません。
こんなことをいわれたら、わたしたちは激しく反発します。三鷹教会
では道路に面して、「わたしにきて聞け。そうすれば、あなたがたは生
きることができる。」(イザヤ55:3口語訳)と書いた大きな看板に
書いて出していたことがあります。そしたら、案の状、一人の青年が
血相変えて飛び込んできました。「教会に行かない俺は死んでいるとい
うことになるのか」と怒鳴るのです。
これが人間としては正常な姿でしょう。

 しかし、後半があります。4節には「憐れみ豊かな神はわたしたちを
この上なく愛してくださった」と言われています。この愛が神の恵み、
だと続きます。そして8節ではあなたがたが救われたのは信仰によるの
であるが、その信仰もまた「自分が」所有する信仰ではない。信仰もま
た神の恵みとして神さまから与えられたものだ、と続きます。
エフェソ2:1~10の前半と後半の間に「しかし」(口語訳では「しか
るに」)という小さな言葉があります。「しかし」はたった一語ですが、
これほど大事な言葉はありません。
これは小さな一語ですがこれほど大切な言葉はありません。
この一語によって世界はひっくり返るのですから。
これこそ「神の恵み」です。この「しかし」によって死は命に変わるのです。
暗闇の中に光が見えるのです。
困難の中に希望が湧きあがってくるのです。

 世間でいわれるように「生きることに困難や苦しみは付き物」とい
うことは真実でありましょう。しかし、神さまの恵みは初めから終わ
りまで絶えないのです。最後にわたしが詩編103:2を読みますので注
意深くお聞きください。
[PR]
by hachimejibap | 2012-10-30 09:51 | メッセージ

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap