八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

喜びも悲しみも共に

Ⅱコリント2:1~4「喜びも悲しみも共に」

本日の聖書箇所は、コリント人への第二の手紙2章1節から4節です。

2:1 そこでわたしは、あなたがたの所に再び悲しみをもって行くことはすま
    いと、決心したのである。
  2 もしあなたがたを悲しませるとすれば、わたしが悲しませているその人
   以外に、だれがわたしを喜ばせてくれるのか。
  3 このような事を書いたのは、わたしが行く時、わたしを喜ばせてくれる
   はずの人々から、悲しい思いをさせられたくないためである。わたし
   自身の喜びはあなたがた全体の喜びであることを、あなたがたすべて
   について確信しているからである。
  4 わたしは大きな患難と心の憂いの中から、多くの涙をもってあなたがた
  に書きおくった。それは、あなたがたを悲しませるためではなく、あ
  なたがたに対してあふれるばかりにいただいているわたしの愛を、
  知ってもらうためであった。
 

 伝道者パウロは伝道しつつ、多くの期待はずれに出くわしました。そして
このコリント人への手紙の宛先である、コリント教会についても随分と期待
はずれに出くわし、悲しみの涙を流したようです。しかし、それは何もパウ
ロの方だけのことではなかったことでしょう。コリント教会の人たちの方でも、
伝道者パウロに対して抱いていた期待が裏切られた、という悲しみがあっ
たようです。つまりコリント教会と伝道者パウロとは、お互いがお互いに対
して期待が裏切られ、お互いがお互い対して悲しみの涙を流していたよう
です。
 しかし、伝道者パウロはそこから目を背けませんでした。“私を悲しませ
ているその人以外に、誰が私を喜ばせてくれるのか”“あなたを悲しませ
たこの私以外に、誰があなたを喜ばせることができるのか”。もしパウロが、
「もうコリント教会はあきらめた、訪問するのはやめて他の教会に行ってし
まおう」、と言ったらどうなっていたでしょうか。または、「コリント教会のイ
ヤなところをこれ以上見たくない、寂しくなるばかりだ。コリント教会の中で
期待通りになりそうな部分だけ、期待通りになりそうな人々とだけでお付き
合いをしていこう、期待が裏切られそうな人々、もしくは期待が裏切られた
部分については、背を向けてしまおう」、もしパウロがそう言ったらどうなっ
ていたでしょうか。もしそんなことをしたら、パウロは十字架の光から目を
背けることになってしまっていたかも知れません。復活の希望に背を向け
ることになっていたかも知れません。 “私を悲しませているその人自身、
そして、私を悲しませているその事柄こそが、この私に復活の喜びをもた
らしてくれるに違いない”。これは人知を越えた希望です。

 私たちの八王子めじろ台バプテスト教会の契約に以下のような言葉が
あります。「わたしたちは、主にある兄弟姉妹の愛をもって愛し合い、互
いの喜びと悲しみを共に分け合います。」
 これは相手の悲しみを自分の悲しみとする、ということだけでは収まり
ません。相手の喜びを自分の喜びとする、ということだけでは言い尽くせ
ません。相手から悲しませられたその部分をこそ、やがて自分を喜ばせ
てくれるところの希望として正面から向き合っていく、すなわち十字架の
光、復活の希望です。教会の内外を問わず、自分を悲しませた人こそが、
自分を喜ばせてくれる神の器に違いない、これもまた十字架の光、復活
の希望です。ですから、教会の内外を問わず、私を悲しませた人は、
すでに、主にある兄弟姉妹としてキリストによって招かれている人なのか
も知れません。
 私たちは、主イエス・キリストにある兄弟姉妹の愛をもってこれからも愛
し合っていこうではありませんか。期待し続けていこうではありませんか。
 キリストは語り続けてくださいます。キリストは沈黙しておられません。
共に主の十字架を仰ぎ、主の十字架を囲み、復活の希望の言葉に耳を
傾け続けていきましょう。
[PR]
by hachimejibap | 2012-07-30 11:05 | メッセージ

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap