八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ただ神によって

ただ神によって

マルコ福音書9:1~8
 今から70年ほど前、世界中が戦争に巻き込まれて、多くの人たちが殺されて
いきました。ドイツという国では、ユダヤ人に生まれた、というだけでたくさ
んの人たちが捕まり、殺されたのです。あるとき、あるユダヤ人が、たまたま
仕事でドイツに立ち寄ったときに捕まってしまったときの話を紹介します。
その人は「明日は妻の誕生日だから、何を買ってあげようかな。子どもたちに
もお土産を買っていったら喜ぶだろうな。」そんなふうに、たくさんの夢と希
望に胸をワクワクさせながら、仕事からの帰り道、捕まってしまったのです。

たくさんの人たちと一緒に、貨物列車に、ギュウギュウ詰めにされて運ばれて
いきました。隣りには年老いたユダヤ教のラビ(教師)がいました。
突然、ガタン!事故か何かで列車が停まりました。逃げ出すなら今しかあり
ません。でも捕まったら最後、すぐさまその場で射殺されてしまうことでしょ
う。その人は、勇気を振り絞って逃げ出しました。別れ際に年老いたラビは、
汚れた布に包まれた固まりをその人に差し出しました。「この中にはパンが入っ
ている。干からびて堅くなっているけれど、まだ食べられる。もしも、もうダ
メだ、これで終わってしまう、というような時になったら、このパンを食べな
さい。それまでは、この包みを開かないで、最後の最後まで我慢しなさい」その
人は闇に紛れて走り出しました。何度も兵隊に見つかりそうになり、くたびれ
てしまって、もうダメだ、とあきらめそうになったとき、その人の手には布に
包まれたあのパンがしっかりと握られていました。そしてついに、わが家に帰
ることができたのでした。疲れ切った夫を出迎えて、その荷物を受け取った妻
は言いました。「どうしたの?この汚い布に包まれた固いものは」。その人は
応えました、「命のパンさ」。布をほどくと固いものが転がり出てきました。

その人は布に包まれたそれの中身を覗くことなく、忍耐して救われました。
しかし私たちキリスト教会は中身を知っていて、忍耐して救われるのです。
キリスト教会の中身はイエス・キリストが進んで行かれた、あの木の十字架です。
イエス・キリストが掛けられて、殺された、あの木の十字架です。取り立てて
見栄えのしない、いや、見栄えしないどころか、この世の富や繁栄などの美的
感覚からすれば醜いものでしかないことでしょう。まさに荒削りの、あの木の
十字架に掛けられて、殺されたイエス・キリストの身体…けれども、そのイエ
ス様の身体こそ永遠の命のパンであり、また永遠の命の契約を証しするために
流された血潮でした。私たちは、そのようなキリスト教会の中身をすでに見て、
味わって、仰ぎ見て、耳を傾け続けていくことで、すでに救われているのです。
キリスト教会にはいろいろなことがあります。けれども、キリスト教会の土
台、無くてはならぬものはただ一つ。私たちの救い主が、あの十字架に向かっ
て突き進んでくださったという、ただ神のみわざのゆえに、キリスト教会は成
っているのです。そうであればこそ、いろいろな人たちが、いろいろなものを
分かち合い、いろいろなことで助け合っていくことができる。そうであればこ
そ、何が失われても、何が取り去られても、どれほどゼロのゼロにまで落ち込
んだとしても、いろいろな人たちが集まり始め、いろいろなものを持ち寄り、
いろいろなことでの助け合いが再び力強く起こされていくことでしょう。
[PR]
by hachimejibap | 2012-05-30 22:06 | メッセージ
今年も行ってきました、高尾山ピクニック!
d0160830_1205248.jpg
               出発前の記念写真です →

当日は、ほどよく雲が日光をさえぎり、
暑くもなく寒くもなく、絶好のピクニック日和でした。
今年の参加者は30名、
ケーブルカー終点付近を無理なく回れる
半日コースと、
高尾山頂を越えて少し進んだところで一緒にお弁当を食べる
一日コースにわかれて出発です。



d0160830_22404096.jpg
高尾山はミシュラン三つ星で有名になって
いつも盛況、
ゴールデンウィークで道中、さらに大賑わいでした。
往復ともにケーブルカーもリフトも利用せず、
その健脚ぶりを発揮した方も多数いました。
小さい子どもから大人まで、助け合いながら、
元気いっぱいで帰ってくることができました。


「主は大いなる神であって、
 われらの神の都、 その聖なる山で、
 大いにほめたたえらるべき方である。」 口語訳聖書・詩篇48篇
d0160830_22523274.jpg

[PR]
by hachimejibap | 2012-05-02 11:52 | 活動報告

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap