八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

救い、絶えず外から

ルカ10:38~42「救い、絶えず外から」

 私にとっては悩ましい話、それがマルタ、マリヤの物語です。

    ルカ10:40ところが、マルタは接待のことで忙がしくて心をとりみだし、イエスの
         ところにきて言った、「主よ、妹が私だけに接待をさせているのをなん
         ともお思いになりませんか。私の手伝いをするように妹におっしゃって
         ください」。
      10:41主は答えて言われた、「マルタよ、マルタよ、あなたは多くのことに
         心を配って思いわずらっている。
      10:42しかし無くてならぬものは多くはない。いや、一つだけである。マリ
         ヤはその良い方を選んだのだ。そしてそれは彼女から取り去ってはな
         らないものである」。

 イエスさまは妹マリヤの中に、無くてはならぬもの一つ、かけがえのないもの一つをお認
めになります。マルタにしてみれば、「今の今まで私のやってきたことは、いったい何だっ
たのか。愛する人のためを思って、せっかく一生懸命にやってきたのに。」その場で、もっと
も気に入らなかった妹マリヤの振るまい、その振る舞いをイエスさまはお認めになったのです。
 しかしマリヤのしていたことと言えば、イエスさまの足下に座り込んでイエスさまのお言葉
に聞き入っていただけ。なにかイエスさまのお世話をしようと努め励んでいるようには見えな
いのです。やはり私には不思議です。
 
 そもそもこのマルタ・マリヤ物語の直前にイエスさまは一つの例え話をなさっていました。25~37節に描き出されている、いわゆる良きサマリヤ人の例え話です。見ず知らずの赤の他
人が強盗に襲われ、道ばたに倒れている、そこを通りかかった良きサマリヤ人はそのケガ人を
出来る限り介抱し、宿屋に運んでやり、見ず知らずの宿屋の主人にいわば頭を下げて、治療
費を負担する約束をしてそのケガ人をその宿屋に託すのです。
見ず知らずのケガ人に尽くした良きサマリヤ人と同様にしなさい、それが永遠の命の道だ、と
イエスさまはおっしゃる。他方で、本日の聖書箇所では、イエスさまの足下でただ聞き入って
いたマリヤの中に、無くてならぬもの一つ、かけがえのないもの一つをお認めになるのです。

イエスさまはいったい何がおっしゃりたいのでしょうか。

もし私と同じように、イエスさまがいったい何をおっしゃりたいのかわからない、という方
がいらしたら、やはりマリヤのように聞き入るしかないのではないでしょうか。なぜなら、
イエスさまが何をおっしゃっているのかわからないのですから。もう、ひたすら。根気よく耳
を傾け続ける以外に方法がない。ただひたすら御言葉を受けよ、そういうことではないでしょ
うか。
ではみ言葉に耳を傾けた先には、何があるのでしょうか。

    ルカ8:4さて、大ぜいの群衆が集まり、その上、町々からの人たちがイエスのところ
        に、ぞくぞくと押し寄せてきたので、一つの譬で話をされた、
      8:5「種まきが種をまきに出て行った。まいているうちに、ある種は道ばたに落
        ち、踏みつけられ、そして空の鳥に食べられてしまった。
      8:8ところが、ほかの種は良い地に落ちたので、はえ育って百倍もの実を結んだ」。
        こう語られたのち、声をあげて「聞く耳のある者は聞くがよい」と言われた。
      8:11この譬はこういう意味である。種は神の言である。
      8:12道ばたに落ちたのは、聞いたのち、信じることも救われることもないように、
        悪魔によってその心から御言が奪い取られる人たちのことである。
      8:15良い地に落ちたのは、御言を聞いたのち、これを正しい良い心でしっかりと
        守り、耐え忍んで実を結ぶに至る人たちのことである。

 御言葉に耳を傾けよ、ひたすら受け続けよ。そうすれば、耐え忍んで実を結ぶに至る。
本日の聖書箇所でマリヤの方はひょっとしたら、ニコニコ顔でイエスさまの言葉に聞き入って
いたのかも知れません。けれどもマルタの方はと言えば、胸を締め付けられるような痛みを耐
え忍んで耳を傾けるしかなかったのかも知れません。御言葉に耳を傾けよ、ひたすら受け続け
よ、耐え忍ぶなら実を結ぶに至る希望がある。

 では、その実りとはいったい何なのか。たぶん、あらかじめイエスさまは何も教えてくだ
さってはいないんじゃないかと思うのです。絶えず予想外、絶えず想定外、そのようにして、
人には一生、計り知れないのではないでしょうか。いったい何が実りだというのか、どこに実
りがあるというのか、それすらもひたすら聞き続けていく、一生、受け続けていく。

    伝道の書11:6 朝のうちに種をまけ、夕まで手を休めてはならない。実るのは、これ
        であるか、あれであるか、あるいは二つともに良いのであるか、あなたは知
        らないからである。

 イエスさまのどの御言葉が、しかも、いつ、どのようにして豊かに実るのか、誰も知らない。
だからひたすら御言葉の種まきを続けていく、ひたすら聞き続けていく、一生、受け続けていく。

 これはその昔、アメリカ南部での出来事だったそうです。ある白人のお年寄りが道ばたで倒
れていて、そこにたまたま通りかかったアジア系の青年が助けてあげた。その白人のお年寄り
はたいそう感謝してそのアジア系の青年の名前を熱心に尋ねるので自分の名前を明かした。
すると翌日、その青年は、そのお年寄りに乱暴を働いたということで警察の牢獄にぶち込まれ
てしまった。たとえ親切の限りを尽くしたところで、いったいどうなるというのか、まったく
予想が付きません。

    ルカ23:34…父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずに
       いるのです。

 敵対する相手のために最後の最後までゆるしを、救いを祈り求め続ける十字架の主イエス、
百倍の実りが何であるにせよ、そのようなイエスさまの十字架を通してのみ、現れ出てくるも
のが確かにある、だからこそ私たちは、主イエスの言葉、十字架の言葉をひたすら受ける、こ
れからも受け続けるのです。。
[PR]
by hachimejibap | 2012-01-26 18:34 | メッセージ

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap