八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 4月29日、当教会で恒例の高尾山登山に行ってきました。天気は快晴。老若男女
17名が参加して、和気あいあいと登りました。東京都にこのような自然が残され
ているのは、本当に恵みです。翌日の筋肉痛も、強いられた恵みでした。
是非、来年は皆さんもご一緒に!

d0160830_23491721.jpg  ←午前9時。
  京王高尾山口駅に集合。
  笑っていられるのは今のうち?
  健脚コースとケーブルカーコースに分かれて、
  いざ出発!

d0160830_23563114.jpg   
     
  平均年齢のやや高い東方神起?(男子4名のユニットなので・・・) →
  笑顔が引きつっているのは山頂への長い道のりに対する不安からでしょうか。

d0160830_073810.jpg ←無事山頂へ。
  ござを広げてお弁当です。おいしい空気においしいおにぎり。
  神様に感謝!



     
[PR]
by hachimejibap | 2011-05-19 00:10 | 活動報告

先立ちたもう復活の主

4/24 イースター礼拝宣教 「先立ちたもう復活の主」より

   今から弟子たちとペテロとの所へ行って、こう伝えなさい。
   イエスはあなたがたより先にガリラヤへ行かれる。かねて、
   あなたがたに言われたとおり、そこでお会いできるであろう、と
                    (マルコ福音書 16:7)
             日本聖書協会 口語訳聖書より

イエス様が十字架上で死なれて三日目。イースターの朝は、不安の朝に始まり、驚きの朝
へと前進させられます。女性たちは心配したことでしょう、大きな石が自分たちの目の前
に立ち塞がっているのではないか、たとえ墓に入ることができたとしても、そこにはイエ
ス様の変わり果てた悲しい姿があるだけなのではないか…次から次へと襲いかかってくる
不安…。
不安に駆られる女性たちに、墓の中に立っていた若者は言います。
「イエスはあなた方より先にガリラヤに行かれる」と。これはどのようなメッセージだと
解釈できるでしょうか。

 ガリラヤとは、ペテロたち弟子にとっては、イエス様につき従い、救いの明日に向けて
踏み出した出発点であり、イエス様を十字架に置き去りにし、見殺しにした今となっては、
絶望と惨めさがもっとも明らかにされる場所、不安のどん底に突き落とされるような場所
でした。
しかし、墓の中に立っていた若者が伝えたメッセージは「主イエスは、あなたがたより先
にガリラヤへ行かれる」というものでした。つまり、不安の先に待っていたのは、復活の
主の救いでした。「死んでも生きる、いつも主は生きて働いておられる、あなたの先に行
っておられる、いつも主は先回りして、あなたを待っていてくださる」、これこそ十字架
の主を慕い求め、仰ぎ見る者に永遠に授けられる救いの約束です。
[PR]
by hachimejibap | 2011-05-02 19:55 | メッセージ

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap