八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

使徒言行録4:23~31                    

 ペトロとヨハネはイエス・キリストのことを語ったために逮捕されましたが、
釈放されてから、先ずエルサレム教会の仲間のところに帰ってゆきました。
わたしたちも一週間の間、さまざまな出来事がありますが、帰ってゆくところ
は教会で行われる主の日の礼拝です。主の日の礼拝によって、もう一度新しく
されて、また月曜日からのこの世における証しの生活へと派遣されてゆくので
す。

 エルサレム教会では二人が帰ってきたことを感謝して祈り会(=礼拝)がおこ
なわれました。彼らの祈りの特徴は、自分たちを迫害するものに対する「報復」
を求めてはいない、ということです。ただ「主よ、今こそ彼らの脅しに目を留め、
あなたの僕たちが、思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてくだ
さい。」(29節)と祈っただけです。これは「とりなしの祈り」です。とりなし
の祈りだけが、仕返しをしたくて、したくてたまらない相手との関係を変え、赦
しへと導くのです。

 そして祈りが終わると「一同の集まっていた場所が揺れ動き、皆、聖霊に満た
されて、大胆に神の言葉を語りだした」というのです。祈りは人間を揺れ動かす
のです。例えば「確信」などを行動の基盤にしている人間が揺り動かされるので
す。「祈りが聞かれることなどあり得ない」と思っている人間を揺れ動かし、
信仰よって行動する人間に作りかえるのです。また祈りは「神は何でも自分の願
いどおりに聞きとどける筈だ」と思い込んで人間が揺れ動かされ、神のみ旨にのみ
聞き従って生きる人間に作り変えられるのです。

                    八王子めじろ台バプテスト教会
                    協力牧師   北島 靖士
[PR]
by hachimejibap | 2010-11-15 20:02 | メッセージ

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap