八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 3 )

だから、こう祈りなさい

テーマ :主の祈り
聖書 マタイによる福音書 6章9節
2016年5月29日                   牧師 左右田 理


 5月1日礼拝メッセージで、従来の主の祈りを「文語訳聖書による」と紹介しましたが、
歴史的には出典不明だそうです。そもそも「主の祈り」とは、福音書的に見れば、「キリ
ストの言葉に聴く対話の場による祈り」ということです。(マタイ5:1~2、ルカ11:1) ところが
従来の主の祈りは、日本基督教団讃美歌委員会による「讃美歌21」などで「1880年訳」と
されていますが、どのような人々が、どの邦訳聖書から共に聴き取ったのか、その場、
その群れが確認されることもなく、諸教会で「主の祈り」とされてきたことになります。
その点、「新共同訳聖書(マタイ6:9~13)+日本キリスト教協議会統一訳頌栄」は、「キリストの
言葉に聴いた場」、その群れが明らかになっている「主の祈り」です。
 「主の祈り」の言葉は“天”に言及して始まります。これは新旧両約聖書で証しされて
いる救いが、決して個人主義的、身内主義的な出来事ではなく、天と地との関係回復と
いう世界的な展望であることを教えてくれています。聖書の救いの原点として描かれる
アブラハムの旅路にも、地上を歩むアブラハムが天を仰ぐことで神と向き合う描写が多
く出てきます。しかし私たちが注意したいのは、アブラハムは、当初、アブラム(父は高
められる)という名前だったのに、神によって、アブラハム(多くのものの父)と改名するこ
とになったということです。(創世記17:5) 人は“天”と聞くと、遠く高いところへ自力
で昇ることを救いだと勘違いするかも知れません。(創世記11:1~9「バベルの塔」) けれ
ども身内による安定を越え、見ず知らずの他者と広く出会っていくアブラハムの旅路に
“天”が現れたのです。“天”には国境のような、いかなる境界線もありません。“同”
国民、“同じ”気質、“同じ”考えなど、仲間内での結束に満足する生き方を捨てて、
“よそ者との対話の広がり”へ前進する旅路にこそ、“天”が現れたのです。
 今年3月と5月の総会を通して、「広く共に生き」、「絶えず新しい言葉に生きる」歩
みへと、すでに当教会は招かれています。私たちは「対話の広がり」に生き、「絶えず
新しい対話」に生きる群れです。ですから「主の祈り」もまた、その「対話の場」が、
より明確な祈祷文へと前進していくときに、より豊かに“天”を受けることでしょう。
                              (エフェソ3:18~19)
   「だから、こう祈りなさい。
        天におられるわたしたちの父よ、 御名が崇められますように。」
[PR]
by hachimejibap | 2016-06-11 10:47

イエスの栄光の座

テーマ :キリストに向かって成長する
聖書 マタイ福音書25章31~46節 (新共同訳聖書)
2014年7月13日

 本日の聖書箇所を読むたびに、しばらく前から私の中には、羊は“報われない愛に生き
た人々”(6:3)、山羊は“自らの正当化に生きた人々”(7:22)というイメージがあります。
なぜなら、羊と山羊との前で栄光に座するお方は、命を捨てて全うした愛を単なる自業
自得として見下され(イザヤ53:4)、罪人のひとりに数えられたお方(ルカ22:37)だからです。
 復活の主は、人の飢え渇き、痛み、傷みに、すでに生きて働いておられる十字架の主
です。(ヨハネ12:23~24) いわゆる自己実現、成功者の主ではありません。(ヨハネ8:54) そ
れは世間の目には、通りすがりの人との、偶然の出会いによって人生を翻弄される者
たちの主として映るかも知れません。(ルカ10:30~35) また身内、仲間内の平穏無事を乱
す厄介者たちの主として映ることもあるでしょう。(マタイ10:34~36) しかし世間の評価が
どうであろうと、十字架の救い主は、自活のめどの立たない者、寄留者(よそ者)、孤立
を強いられている者たちの命の中に、堅く座しておられるのです、すでに。
 ですから教会はキリストの からだとして、この世の荒野をひたすら前進します。この
世からは無益、無駄と評されるような出会いにイエスの栄光の座を見ます。人目に有益、
模範的と映る生き様に執着することなく、イエスの栄光の座に向けて前進します。その
地域、その時代に馴染んできた慣習、慣例を打ち破ってでも、ひたすらイエスの栄光の
座に向けて前進します。(ルカ9:61~62、フィリピ3:7~8,13~14)
   「…わたしたちは神よりあずかった子どもたちと共に、キリストに向かって成長し、
    救い主に出会う喜びを隣り人と共有するため、あかしの日々をはげみ、主と
    会う日まで、この契約を固く守ります。」
                -八王子めじろ台バプテスト教会の契約-
 イエスの栄光の座は、神と人から捨てられた、失意のどん底に立つ十字架に他なりま
せん。(マタイ27:36) “羊”は、このイエスと向き合って生きてきたのでしょう。最終的
には、自分が至らなかったとき、またゆき届かなかったところにこそ、すでに復活の命が
満ちあふれていたことを知らされ、永遠の命の喜びに満たされるのです。一方“山羊”は、
このイエスを飛び越すかのように生きてきたのでしょう。しかし自分が納得、満足できず
背を向けてきたところにこそ、復活の命があったことを思い知らされ、自己正当化して
きた生き様はすべて永遠に罰せられ、砕かれ、解放されることでしょう。
[PR]
by hachimejibap | 2014-07-17 10:13

ブログ始めます

今日から、教会ブログを始めます。
イベント情報満載‥‥にする予定です。
乞うご期待!…であります。
[PR]
by hachimejibap | 2010-05-09 16:19

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap