八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

神の愛が私たちの心に

テーマ 愛
聖書 ローマの信徒への手紙 5章 3~11節
2018年7月22日    主日礼拝              牧師 左右田 理

 “苦難”(3節)とは迫害です。キリストを主と信じ、従うがゆえに受ける攻撃です。しかし
伝道者パウロによればその被害は“誇り”となります。その被害が大きければ大きいほ
ど、豊かな誇りとなっていきます。それは苦難の中でこそ神の愛が豊かに、私たちの心
に注がれるからです。(5節) 苦難の中で私たちの心の中に豊かに描き出され、映し出
されてくる愛…それは十字架の愛でしょう。(ガラテヤ3:1、6:12) 苦難が大きければ大きい
ほど主の十字架が自分に対する神の愛の迫りとして心に映し出され、描き出されてくる
…被害に遭っている自分はどれほど主イエスに近い存在とされていることか…誇りと喜
びに満ちてくる…これは伝道者パウロの生涯にわたる原体験と言えましょう。
 とはいえ苦難は いきなり誇りとはなりません。苦難から忍耐、忍耐から練達、そして練
達から希望が生み出されてくる過程で誇りとなっていくのではないでしょうか。(4節) そ
して希望は私たちを裏切らない、とパウロは断言します。(5節) この希望も愛の場合と
同様、十字架の希望でしょう。十字架の希望の第一段階は、神の忍耐から始まります。
主を裏切り、いわば信仰を捨てた弟子たちを愛し、受け入れた神の側の忍耐です。(ルカ
22:31~32) 信じない者たちをなお愛し、受け入れた忍耐です。この愛が私たちの心に注
がれているなら、信仰の有無などあらゆる違いに囚われることなくあらゆる命を愛し、迎
えようとする神の忍耐が私たちの内にも宿るでしょう。(6~8節)
 十字架の希望の第二段階は、神の“実証”から始まります。(“練達”は“実証”とも訳せ
る新約聖書ギリシャ語) 主は十字架から降りて反逆の民を成敗するようなことはなく(マ
タイ26:52~54)、神は十字架の主の死の向こうに復活の希望を実証してくださいました。そ
れはあらゆる敵意を愛へと招き入れるキリストの明日です。(マタイ5:43~44) この愛が私
たちの心に注がれているなら、世がキリストから義を賜わり、神の怒りから救われ、神と
和解する明日を信じる信仰で私たちは練達されていくことでしょう。(9~10節)
 そして十字架の希望の最終段階は、ひたすら世の救いを希望してくださる主によって
成就します。(ヨハネ12:47) それは相手の非を問うことなく和解の可能性のみを問う愛で
す。(2コリント5:19) この愛が私たちの心に注がれているなら、与え尽くして報われなかっ
た生涯を全うされた主こそ自分たちの生きる喜び、生きる誇りとなるのです。(11節)


[PR]
# by hachimejibap | 2018-07-22 13:00 | メッセージ

希望は揺るぎません

テーマ 希望
聖書 コリントの信徒への手紙 二 1章 3~7節
2018年7月15日    主日礼拝              牧師 左右田 理

 希望を抱くことができれば(7節)、多くの苦しみに耐え、また乗り越えることができます。
初代教会以来、キリスト教会は主イエスの十字架を福音の中心として受け、告げ広めて
きました。しかし当初、主の十字架は、弟子たちにとって紛れもなく絶望のしるしでした。
それは“すべてが無駄になる予感”と言えましょう。決して裏切らないという舌の根も乾か
ないうちに、弟子たちが主を十字架に置き去りにし、見殺しにしたのも、十字架に掛けら
れていく“無駄死にイエス”に希望を見いだせなかったからでしょう。にもかかわらずキリ
スト教会は復活のみを福音とせず、十字架を福音として告げ広めてきたのはなぜだっ
たのでしょうか。
 初代教会の慰め(3節)…それは迫害が激しくなる時代の慰めだったでしょう。そしてそ
れは当初、復活後、昇天された主が再臨してくださるという希望だったでしょう。(使徒1:9
~11) しかしなかなか主の再臨は起こりませんでした。(2ペテロ3:4) さらには復活の希望
を無駄呼ばわりする声すらあがり始めていたようです。(1コリント15:12) 苦難を耐え忍ぶ
ための希望がどんどん揺さぶられ、“無駄”、“無意味”という失望が洪水のように押し寄
せていた時代…初代教会時代は、慰めを見失った人々が教会を去っていく後ろ姿に執
り成しの祈りを捧げる時代でもありました。(2テモテ4:9~10,16) こうして再臨、復活の慰め
が霞んで見えなくなっていく時代に、それでもなお、彼らが慰めの最後の拠り所として見
上げ続けたのが主の苦難の十字架だったのではないでしょうか。(ガラテヤ3:1)
 神は、あらゆる苦難に際してわたしたちの傍らに主の十字架を指し示して慰めてくださ
るので、わたしたちも神からいただくこの十字架の慰めによって、あらゆる苦難の中に
ある人々を慰めることができます。(4節) 人は自らの人生に“無駄”を見るとき失望しま
す。しかしクリスチャンは自らの人生に“無駄”を見るときこそ希望の始まりです。無駄、
無意味という言葉に押し潰されている世の人々と広くつながり、一つになる希望がある
からです。“無駄”、“無意味”という苦難、苦悩においてあらゆる人々と一つになってい
く、決して ひとりぼっちにさせない、ここに福音宣教の希望があります。(5~7節)
 “無駄”、“無意味”に覆われた生き様を世は“弱い”と見下すでしょう。しかし“無駄死
にイエス”を仰ぎ見るとき、弱いときにこそ強いのです。(2コリント12:7~10)


[PR]
# by hachimejibap | 2018-07-19 18:00 | メッセージ

舟に乗って向こう岸へ

テーマ 信仰
聖書 マルコによる福音書 8章 11~21節
2018年7月8日    主日礼拝              牧師 左右田 理

 当時の指導者たちの“パン種”…それは、どんどん膨れあがっていく何か悪いもの…
マタイによる福音書にある並行記事では、“パン種”は当時の“教え”です。(マタイ16:12) 
しかし本日のマルコによる福音書では、主イエスが「悟れ」とおっしゃって終わりです。な
らば私たちも悟らなければならないでしょう。“パン種”とは“教え”なのか、だとしたら“教
え”とは何なのか…
 主イエスは弟子たちに“パン種”について注意喚起する直前、指導者から“天からのし
るし”を要求されていました。(11節) 主イエスの賛美と感謝の祈りにより、わずかな食
べ物が大勢の人々の空腹を満たしたという不思議な出来事(マルコ6:42、8:8)は、指導者
にとって“天からのしるし”とは関係なかったのです。天からのしるしとは神からの証拠で
あり、神の裁きです。指導者たちは“自分たちよりもおまえの方が正しいという証拠を出
してみろ”と主イエスに挑戦していたのでしょう。しかし神の裁きを比較優劣、隔ての壁(エ
フェソ2:14)として決めつけているなら、天からのしるしは無いのです。(12節)
 主イエスは指導者たちを後にして、向こう岸へ渡ります。(13節) しかし舟の上でも弟
子たちは、パンを準備していなかったことが悪かったのかと、自分たちの善し悪しに囚
われているのです。(16節) 主は弟子たちを叱責します。主の共食により、わずかな食
べ物で多くの人の空腹が満たされたとき、パンを持っていたか否かなどは何ら問題にな
らないことは一目瞭然だったではないか、と。(17~21節) 主との共食には、人が“持って
いる”、“持っていない”をはるかに越えた恵みの しるし があったのではないでしょうか。
古今東西、社会的な条件、資格などを“持っている”、“持っていない”によって、比較優
劣、合否など隔ての壁が四方八方に張り巡らされてきています。けれども主の食卓は、
“持っていない”ところにこそ無限の恵みが実現する天からのしるしだったのではないで
しょうか。<イエスは言われた、まだ悟らないのか。>
 主の不思議な共食で集まった五千世帯、また四千世帯もの人々は、主と向き合うた
めに集まった人々です。主の食卓ではお互いの素性、社会的条件、資格を知る必要な
どありません。主を仰ぐ場や主の食卓で出会った人々はすべて、救い主の祝福のもと
にあることを子どものように信じれば良いのですから。(マルコ10:13~16)


[PR]
# by hachimejibap | 2018-07-19 17:30 | メッセージ

一緒にいた者たちにも

テーマ 救い
聖書 マルコによる福音書 2章 23~28節
2018年7月1日    主日礼拝              牧師 左右田 理

 救われるために何をすべきか、してはならないのか…イエスの時代、異教国家の支配
下にあったイスラエルの指導者たちは、社会不安を治めるべく救いの合否の線引き(戒
め、生活規定)に躍起になっていたようです。しかし、その細かい規定に引っかかった弟
子たちの食事作法(23節)について主イエスは言うのです、“旧約時代の英雄ダビデだっ
て、供の者たちと掟破りの共食(26節)をしたではないか”と。ここで興味深いことは、主
イエスは弟子たちの聖書的正当性を訴えたわけではなく、さらにはその頃ダビデは命が
けの逃亡中だったわけで、供の者などいなかったということです。(サムエル記上21章参照)
主イエスが…いや福音書の書記者が間違ってしまったのでしょうか?しかし本日、私た
ちはここから聖霊の言葉を聴きたいのです。
 その掟破りな共食は実際にはなかったとしても、やがて“供の者たち”がダビデのまわ
りに集まってきたことは真実です。(サムエル上22:1~2) 身内以外では困窮する者、負債の
ある者、不満を持つ者…また ならず者もいたようです。(サムエル上30:22) たしかにダビ
デの食卓はその顔ぶれからして掟破りだったようです。しかし主イエスはそのような食
卓にこそ神の安息を見ていたのではないでしょうか。弟子たちの食事作法についても聖
書的な“正当性”を越えて、共食そのものに神の安息があることを証しされたかったので
はないでしょうか。
 救いは神の安息です。当時の指導者は安息日の規定に奉仕する人に神の安息があ
ると考え、安息日規定の他にも多くの掟を掲げることで民を救いに導けると考えたので
しょう。しかし主イエスは安息日が人の救いのために奉仕することを宣言し(27節)、掟に
合う、合わないを越えて多くの人々と積極的に食卓を囲み(マルコ2:15)、またそれが食事
作法にかなうか かなわないかを越えて、弟子たちの食事そのものを慈しみをもって肯
定されました。
 食卓を囲む主こそ安息日の主です。(28節) 教会がまだ見ぬ人々と積極的に食卓を
囲もうとするならそこにはすでに神の安息が訪れ、救いはすでに成っているのではない
でしょうか。「御国が来ますように。御心が行われますように、天におけるように地の上
にも。わたしたちに必要な糧を今日与えてください。」(マタイ6:10~11)


[PR]
# by hachimejibap | 2018-07-19 17:00 | メッセージ

イエスが歩まれたように

テーマ 神の愛
聖書 ヨハネの手紙 一 2章1~11節
2018年6月24日    主日礼拝              牧師 左右田 理

 「自分が正しい」という宣言は、孤立宣言になりかねない危険な賭です。初代教会時
代、神の高みに達する者のみが救われるという神秘思想が蔓延し始めていました。(グ
ノーシス主義) しかし、もし「自分は正しい」という意識に生きようとするなら“正しい方”
の弁護(1節)に背を向けることになるでしょう。なぜなら“正しい方”の弁護とは、犯罪者
たちの真ん中に降り立った十字架の主による弁護だからです。
 神の高みに近づくなら、問答無用の清さに近づくはずです。そのために気をつけなけ
ればならないことは、人間関係でその清さが傷つけられ、損なわれてしまうことです。で
すから神の高みに達しようとする人には出会い、対話に限界が生じます。たとえば否定
的感情(悲しみなど)を肯定的感情(喜びなど)へ悔い改めることのできない人などとの対
話、出会いに限界が来るのです。しかし先日、「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きな
さい。(ローマ12:15)」について北島協力牧師とお話ししていたとき、当時は迫害の嵐の中
で誰かと出会えること自体が喜びだったのではないか、ということを教わりました。愛す
る者の命を奪われ泣き続ける人との出会いそのものが喜びだったのではないか…
 主イエスは歩まれました。(6節) その歩みの先で出会った人々は、徴税人、遊女と呼
ばれ社会的に敬遠され続けていた人々でした。(マルコ2:15) 彼らの魂は涙を流し続けて
いたことでしょう。しかし主イエスは彼らをご自分の家族と呼んだのです。(マルコ3:31~34) 
だとしたら、一般社会において身の置き所の無い、そのような悲しみを抱えた人々のも
とへ歩み寄り、共に涙し、神の家族と呼びかけることを何よりの喜びとする…ここにキリ
ストのからだと呼ばれるにふさわしい、教会の歩みがあるのではないでしょうか。(6節) 
 日本バプテスト連盟に加盟する諸教会は昨日、沖縄の日(命どぅ宝の日)をどのように
覚えたのでしょうか。私たちは沖縄の悲しみにどれほど寄り添えているのか…いや、寄
り添ったのは私たちの方ではなかったはずです。東日本大震災の傷み、痛みに沖縄バ
プテスト連盟の皆さんは いち早く寄り添ってくださったのですから。(日本バプテスト連盟
七十年史 p.351より) “兄弟を愛する光”(10節)は沖縄の方から私たちにすでに届けら
れています。その光に応えるまで私たちは兄弟を憎む闇の中にいますが(11節)、応える
ときには、全世界の罪を償う弁護(1~2節)は私たちをも満たしてくれることでしょう。


[PR]
# by hachimejibap | 2018-07-19 16:30 | メッセージ

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap