人気ブログランキング |

八王子めじろ台バプテスト教会 hachimejib.exblog.jp

〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036  礼拝(日)AM10:00~12:10              祈り会( 水曜日 午前10時~11時20分


by hachimejibap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

本当に価値あるもの

テーマ 主の十字架
聖書 ルカによる福音書 16章 1~13節
2018年12月30日    主日礼拝                  牧師 左右田 理

 福音書には、主イエスが神の国イスラエルに於いて非国民的存在とされていた人々と
共に生きる姿を、指導者層が批判する場面が描かれています。本日の聖書箇所はその
ような批判に対して、主イエスが弁明のために用いた一連のたとえ話の一つだったと考え
られます。(ルカ15:2、16:14) 本日の聖書箇所の一つ前は、いわゆる“放蕩息子”のたとえ
話です。そこでは神の国に負い目のある者の側に立ちつつ和解の福音に向け苦闘する
神が描かれています。そして本日のいわゆる“不正な管理人”では、神の国に負い目の
ある者どうしの連帯をほめる神が描かれ(8節)、神の国に対する負い目の連帯が永遠
の住まい(9節)、すなわち“新たな”神の国として証しされています。
 神の国イスラエルは神の裁きであるバビロン捕囚前に、預言者イザヤ、エレミヤなどを
通してくり返し悔い改めが迫られていました。しかし、その頃に公表されたと考えられる
申命記を見ると、神の民が、イスラエル草創期からすでに自己正当化に固執していた様
子がうかがい知れます。(申命記9:6) そのような神の民の頑なさに対して主イエスは、
低評価しか受けられない働きに忠実な者こそが、本当に価値ある大仕事にふさわしい、
とおっしゃっているのではないでしょうか。(10~11節) 主イエスは、いわゆる失格者の苦
しみに仕える忠実さに、“新たな”神の民を見るのです。
 指導者層には金に執着している者がいて、主イエスの一連のたとえ話を嘲笑ったとあ
ります。(14節) 金とは欲しいものを手に入れるなど、思い通りにまわりを動かす力で
す。宗教社会においては神の側(裁く側)に身を置くこともできましょう。ところが主イエス
の一連のたとえ話に聴き従うなら、裁かれる側に立つ一方ではありませんか。主イエス
は“まことの人”として裁かれる側へ招きます。本当に神の側に立つ(創世記1:27~28参
照)つもりなら“他に仕え、他を生かす側”に立ちなさいと招くのです。(ルカ22:25~27)
 人生の失格者として裁かれる者たちの中に立ったのが主の十字架です。人が裁かれ
る側に立つとき、たとえ人生の最後までダメ出しされようとも、主イエスと共に命の希望
を分かち合っています。(ルカ23:39~43) 裁く側に固執するのか、主イエスの招きに応えて
裁かれる側に立とうとするのか…主の十字架は、世を永遠の命へ招くための“本当に
価値ある問い”として今、教会に任されています。(11~12節)


by hachimejibap | 2018-12-30 19:30 | メッセージ