八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

狭い戸口から入るように

テーマ 悔い改め
聖書 ルカによる福音書 13章 22~30節
2018年8月26日    平和月間  主日礼拝          牧師 左右田 理


 救われる者は少ないのでしょうか(23節)…どうして「救ってください」と必死に訴えない
のでしょうか。23節はどこか他人事です。本日の聖書箇所で主イエスは、“信じる”こと
が緊張感の喪失を招く場合があるという、罪の世の誘惑を指摘なさっているのではない
でしょうか。自分は救われているという安心感が“緊張感の喪失”をもたらすとき、他者
への心配が“高みの見物”に変質していても気づかないでしょう。信仰とは果たして自分
が天国に入る保証書、いわゆる天国行きの切符なのでしょうか。
 狭い戸口から入るように努めなさい。(24節)…並行記事(マタイ7:13)では、「滅びに通じ
る門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い」とあり、救いに入る難しさは
前提です。しかし本日の聖書箇所では救いに入ることが実際に難しいわけではなく“難
しいかのように必死に求めなさい”とも読めます。だとしたら この招きは、“自分は信者
(クリスチャン)になったから救われた”という慢心に対する警鐘に通じるでしょう。未信者
(ノンクリスチャン)を“求道者”という呼び方をして信者と区別するのも不思議な話です。
なぜならクリスチャンこそが“永遠の”求道者のはずだからです。(ヨハネ14:6)
 神の国の食卓、神の平和を満喫した経験者なら神の民でしょう。(26節) しかし神の民
でありながら神の国の外側に出てしまっていたというのは不思議です。(25節) 理由を
本日の聖書箇所全体から探るなら、冒頭で言及したように一つには“緊張感の喪失”が
考えられるでしょう。そしてもう一つは“高みの見物”ではないでしょうか。主イエスの証し
する神の国は民を世界各地から呼び集める活動です。(29節) 一口に神の民と言って
も出身の文化、性別、個性など千差万別です。ここで神の民は問われます。救われた
ときの安堵感を保つため、神の国の食卓に飛び込んでくる混乱、喧噪を避けて外野席
に身を遠ざけるのか、混乱、喧噪があっても神の国の食卓にとどまるのか…
 神の国からはるか遠く、まだ救われていない、だから救われたいと集まる人々は切実
でしょう、まるで狭い戸口からもぐり込もうとするかのように…切実な“求道者”たちと一
つ食卓を囲み、彼らに倣い、立ち帰る者たちは幸いです。初心に立ち帰る者たちこそが
神の国にいるのですから。(ローマ5:6,8,10、ヨハネ黙示録2:4~5) この8月平和月間に際し、
十字架の救いに共に立ち帰りましょう。(ルカ23:39~43参照)


[PR]
by hachimejibap | 2018-09-06 15:00 | メッセージ

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap