人気ブログランキング |

八王子めじろ台バプテスト教会 hachimejib.exblog.jp

〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036  礼拝(日)AM10:00~12:10              祈り会( 水曜日 午前10時~11時20分


by hachimejibap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

人の子も上げられねばならない

テーマ 新生
聖書 ヨハネによる福音書 3章1~15節
2018年4月29日    主日礼拝              牧師 左右田 理

 キリスト教の救いとは神の国に入ること、また新たに生まれること(新生)です。本日の
聖書箇所でまさに主イエスがおっしゃっています。しかし当時の宗教指導者ニコデモの
疑問も もっともです。「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。…」(4節)
寿命が来れば世を去って終わりでしょう。また新生が精神面を指すと考えても、人生経
験が増えるほど過去に囚われて新たな発見、出会いが難しくなるというのも人の常で
す。社会的地位があれば手放せないもの、囚われるものは無数にあることでしょう。し
かし主はおっしゃるのです、水と霊によって新生し、神の国に入ることができる。(5節)
 “水と霊”は当時のイスラエルの教師にもわかることだったのでしょう。(10節) ユダヤ
人(選民)として自然に生まれることについて“水から生まれる”という表現があったそうで
す。けれども主の他の教えから見ても、ここで主が伝えたいのは民族的選民主義では
なく、自然な生き方(自然体)だったことでしょう。(マタイ6:26,28) 風が吹くままに…自然体
に、さらに自然界全体に、すでに霊が働いていることをニコデモに気づいてもらいたかっ
たのではないでしょうか。“すでに”の恵みに目が開かれることは新生であり、そのときす
でに人は神の国に入っているのです。とはいえ主の教えは、自然体(自然界)に、ただ居
心地の良さだけを見出せるかのような教えでなかったことは確かです。(マタイ6:30)
 主は今日の聖書箇所で、誰もがわかることを教えている、と訴えているようです。たと
えば、雲から降りてきたものしか、また雲にまで上がることはできない…だとしたら、人
の子イエスが“天にいた”ことが天に上がる資格(権威)なのではなく、天から“降ってき
た”ことこそが天に上がる定め(権威)を証ししているのではないでしょうか。(13節) 
 人の子は、呪われた蛇と同じように十字架に上げられました。(14節) この世で忌まわ
しい、呪われた、地獄へ堕ちてしまった、と見なされるあらゆるものを神の国へ、すなわ
ち永遠の命へ贖うために。それゆえに、主の十字架を仰ぎつつ、「呪われしものにこそ
すでに救いの希望がある」ことを信じる者もまた、すでに永遠の命へ新生しているので
す。(15節) “罪の増したところにこそ、恵みがなおいっそう満ちあふれた”(ローマ5:20)とい
う言葉に、神の国の自然体を見ることができるでしょう。肩の力を抜いて“ただ神の御旨
が成りますように”と祈り委ねつつ、共に明日へと歩み出しましょう。


by hachimejibap | 2018-05-19 16:30 | メッセージ