人気ブログランキング |

八王子めじろ台バプテスト教会 hachimejib.exblog.jp

〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036  礼拝(日)AM10:00~12:10              祈り会( 水曜日 午前10時~11時20分


by hachimejibap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

心を入れ替える

テーマ 捧げる(奉仕、献金)
聖書 マタイによる福音書 18章1~5節
2018年2月4日    主日礼拝            牧師 左右田 理

 2月はスチュワード月間です。捧げる、ということについて共に御言葉に聴きましょう。
礼拝、奉仕、献金…しかし高齢化社会を迎えた現代日本には、さまざまな“衰え”による
無力感が蔓延しているのも現実です。今の時代に生きる私たちが、神さまのために何
を、どのように捧げたら良いのか、不安が過ぎってもおかしくないと思います。天国では
誰が一番偉いのか(1節)…この問いを発した弟子たちも、ひょっとしたら競争心や野心
ではなく(20:20~28)、日常的に自らの弱さ、至らなさと直面していたがゆえに、何をどのよ
うに捧げれば良いのか途方に暮れていたのかも知れません。(17:14~23)
 だとしたらイエス様のお応えは、無力感に苛まれる弟子たちを励ます言葉になるでしょ
う。「…心を入れ替えて子どものようにならなければ天の国に入れない。自分を低くして、
この子どものようになる人が天の国でいちばん偉い」。(3~4節) とはいえ、もし、“してあ
げた”記憶はゼロで、“してもらった”ことばかり、という子どものような思い(心)が天の国
での豊かさならば、捧げれば捧げるほど“自分がしてあげた”感覚へと誘惑され、天の
国での豊かさから離れてしまわないでしょうか?
 かつて“衰え”を前向きに受け取る考え方の一つとして、“忘却力”という言葉が流行っ
たことがありました。イヤなことを忘れる、ということのようです。少し違いますが、本日
の聖書箇所であるマタイによる福音書にも、“忘れてしまう”人々がいます。イエス様の
ために“捧げたことを忘れた”だけでなく、自分の奉仕に先だって相手の中に生きて働い
ておられたイエス様と出会った人たちです。(マタイ25:37~40) これは“自分が”捧げたとい
う自覚(記憶)を、すべては神さま、イエス様の“おかげ”という感謝、礼拝賛美に書き換え
てえてもらった人たちだったのではないでしょうか。(ヨハネ黙示録4:10、マタイ25:20)
 “捧げる”とは捧げたことを忘れることです。捧げ尽くし、忘れ尽くすなら、“してあ
げた”という思い(記憶)から解放され、子どものように、「イエス様の“おかげ”」とい
う感謝、賛美で埋め尽くされることでしょう。そこはすでに天の国です。その人こそ天の
国で最も偉いのです。「聖霊様、どうか私たちの記憶のすべてを書き直してください」。
…『天におられるわたしたちの父よ、御名が崇められますように。御国が来ますように。
御心が行われますように、天におけるように地の上にも。』


by hachimejibap | 2018-02-27 17:50 | メッセージ