八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

食事をして元気を取り戻した

テーマ 復活の主の食卓
聖書 使徒言行録 9章1~19節
2016年11月6日                     牧師 左右田 理


 復活の主のみわざの多くが食卓を囲むことでした。(ルカ24:30、ヨハネ21:12) 本日の聖書
箇所も、直接的ではありませんが、復活の主の食卓だと思います。本来なら食卓を囲め
るはずの無かった者どうしが(1、14節)、復活の主との出会いによって、互いに食卓を囲
むようになったという、人知を越えた食卓だったからです。私たちは本日礼拝で、主の晩
餐式に臨むに際し、復活の主の食卓をめぐって起こされる恵みを数えましょう。
 一つ目は、敵に食卓を提供することになる恵みです。(19節) アナニアはクリスチャン
として、自分がサウロの殺意の対象であることは十分わかっていました。(13節) つい
数日前まで殺意に燃えていた者が(1節)、たとえ一時的に意気消沈していたとしても(9
節)、視力が回復した途端に、恩を仇で返すような振る舞いに及んでも不思議はありま
せん。しかし復活の主は、敵が元気を取り戻すための食卓に奉仕するよう、アナニアを
招いたのです。(19節) だとしたら復活の主の食卓は、いわば被害者が迫害者をもてな
す食卓です。アナニアは、どうして、そんな理不尽な食卓に向き合うことができたのでし
ょうか。それは、復活の主の食卓においては自分もまた、主を殺す(見殺しにした)側とし
て招かれているという点で、迫害者サウロと一つであるという十字架の真理を自覚して
いたからではないでしょうか。(マタイ26:34~35,74)
 復活の主の食卓をめぐる恵みの二つ目、それは、復活の主の食卓が、派遣の食卓に
成る、ということです。その食卓によって元気を与えられた者は(19節)、復活の主によっ
て派遣されるのです。既存の社会や共同体の安定を揺るがす存在として、排除されて
いく者たちの苦しみと連なるために。(16~17節、ルカ22:37) 私たちは復活の主の食卓を
囲み、共に十字架の道へ派遣されます。これもまた主の晩餐式の恵みです。
 アナニアがこの後、サウロを伝道者パウロへと心変わりさせた元凶として、迫害者た
ちから、さらに激しい追求を受けることになっても不思議ではありません。復活の主の食
卓は、今の自分たちの礼拝生活を満喫するための食卓ではなかったのです。自分の後
から来る者たち(後生)が、礼拝生活に固く結び合わされていくため、その必要に奉仕す
ることを喜ぶ食卓に他なりませんでした。私たちも後生の礼拝に仕えるため、主の祈り
(新共同訳聖書(マタイ6:9~13)+日本キリスト教協議会統一訳頌栄)を共に捧げましょう。
[PR]
by hachimejibap | 2016-11-07 20:00 | メッセージ

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap