八王子めじろ台バプテスト教会

hachimejib.exblog.jp
ブログトップ

これは何だ

テーマ 主の祈り
聖書 ルカ11:1~13
2016年 10 月9 日                協力牧師 北島靖士

主の祈りはよく用いられるマタイ6章に基づいたものと、もう一つはルカ11章にあり
ます。ルカの主の祈りにはただちに「夜中にパンを求める人」と「求めよ」の話が
つづきます。マタイには離れて7章に「求めよ」の話があります。このことから、ル
カでは「パンを求める」ことが大事なことと考えられ、それは主の祈りの「わたした
ちに必要な糧を毎日与えてください」と結びついていることがわかります。これは
伝統的には主の祈りが「主の晩餐式」の中(即ち礼拝の後半部分)で祈られること
につながって来ます。
エジプトで奴隷になっていたイスラエルは故郷のカナンに着くまで40年間シナイの荒
野をさすらいました。途中何度も食べるものが尽きて飢える経験もしました。その度
ごとにイスラエルは神に対してつぶやき、叫び求めました。しかし、神は荒野に食物
を備えておられました。イスラエルはそれを見て「これは一体何だろう」(出エジプ
ト記16:12~15)と言いました。ヘブライ語で「マナ・ホワ」と言います。このパン
を見てイスラエルは「これは何だ、マナ・ホワ」と言ったのです。以来、このパンを
マナと呼ぶようになりました。
主の晩餐式の式文を思い起こしてください。「イエスさまの人々との共同の食事にも
主の晩餐式の由来があります。これらの食事は何よりも先ず、主イエスの招きの食卓
です。招かれたその一人一人を、パンを食べ,杯を飲むという具体的で日常的な行為を
通して、主イエスを中心にした交わりの中に招き入れ、迎え入れてくださいます。」
わたしたちはパンを熱心に求めることがゆるされているのです。熱心に求めてよいの
です。主は必ずわたしたちの祈りに応えてくださいます。ただその応えには次の四つ
があるというのです。第一は直接の答え、第二は遅れる答え、第三は拒絶される答え、
第四は訂正される答えです。
主は必ずわたしたちの祈りに応えてくださいます。信じて祈りつづけましょう。
[PR]
by hachimejibap | 2016-11-07 16:00 | メッセージ

みんなで歌おう!共に話そう!そして一緒に祈ろう! 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036


by hachimejibap