人気ブログランキング |

八王子めじろ台バプテスト教会 hachimejib.exblog.jp

〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036  礼拝(日)AM10:00~12:10              祈り会( 水曜日 午前10時~11時20分


by hachimejibap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

広く共に生きる

テーマ :新生
聖書 マタイ福音書 24章1~14節
2016年4月17日                 牧師 左右田 理

 本日の聖書箇所で弟子たちは、礼拝堂に対して、単に、芸術的に感心、感激をしてい
たというわけではないでしょう。彼らだって、まがりなりにも信仰者です。礼拝を捧げた充
実感が礼拝堂への称賛として言い表されたのでしょう。(1節、マルコ13:1) だとしたら、本
日の聖書箇所でイエス様が災いの予言をするのも、人類の将来を悲観しているのでは
なく、礼拝の恵みが何であるかを見直すよう、招いているのではないでしょうか。
 まず、十字架の叫び(マタイ27:46)と向き合う礼拝を通して私たちは、救い主を名乗り、
人々から好評を得ようとする者は、偽物だということに気づかされていく恵みに生きるこ
とでしょう。(5節) 十字架の主こそが復活の主である、という宣言と向き合う礼拝を通し
て私たちは、いかなる悲惨な事態も決して“終わり”ではない、ということに気づかされて
いく恵みに生きることでしょう。(6節) 十字架の主こそが、やがて天から降りてこられる
再臨の主であるという希望と向き合う礼拝を通して私たちは、目の前に、どれほど深刻
な敵対関係が立ち塞がっても、それは正しい裁きが創造される出発点に過ぎない、とい
うことに気づかされていく恵みに生きることでしょう。(7~8節) 産みの苦しみ(8節)…それ
は十字架の苦難の主による正しい裁きの創造です。身内、仲間内を優遇しようとし、ま
た安定させようとする常識的な情緒に対して、敵をこそ愛するようにと、今も悔い改め
(方向転換)を呼びかけておられる復活の主の招きです。(マタイ5:43~44)
 礼拝は私たちを主の招きに応えさせるために派遣します。.礼拝を通して私たちは、人
の思いを越えて十字架の命に生きる者として創造され、十字架の苦難の主を拒む人々
のただ中で、十字架の愛に満たされるため、派遣されていきます。(9節) 十字架の命
に生きる者として創造される私たちは、身内や仲間に裏切られ(10節)、威勢の良い言
葉に振り回され(11節)、疑心暗鬼に支配され(12節)、壊れていく人々の傍らに、すでに
立っておられる十字架の主の恵みと、くり返し出会うことでしょう。
 あらゆる悲惨は、すでに、十字架の主の恵みに支配されている…世の終わりには、あ
らゆる命が十字架の愛に支配されている…私たち礼拝の民は、このような世界の有様、
将来像をあらゆる命と分かち合うために(14節)、この世の旅路を共に、ひたすら前進し
ていこうではありませんか。(13節)
by hachimejibap | 2016-04-29 12:00 | メッセージ