人気ブログランキング |

八王子めじろ台バプテスト教会 hachimejib.exblog.jp

〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036  礼拝(日)AM10:00~12:10              祈り会( 水曜日 午前10時~11時20分


by hachimejibap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

死者の中からの復活

テーマ :復活
聖書 フィリピの信徒への手紙 3章8~16節
2015年10月25日 召天者記念礼拝            牧師 左右田 理

 死んで花実が咲くものか…キリスト教会の歴史を、死を復活の勝利として聴き取ろうと
してきた葛藤の歴史として見ることができるでしょう。(1コリント15:52,57) もし、復活が単に
肉体的蘇生を意味するなら、怪しむことはあっても葛藤することはないでしょう。この世
は、命であれ何であれ、失うことを敗北と見ます。少なくとも勝利とは見ません。そういう
世の常識と対決してきた葛藤こそが、「十字架で殺されたイエスこそ復活の主、命の勝
利者である」という信仰告白を、キリスト教会2000年の中心に据えさせ続けてきたので
はないでしょうか。
 本日の聖書箇所の前で、伝道者パウロが、キリストのゆえに、当時の社会的業績をこ
とごとく捨て去っていたことが証しされています。(5~6節) 現代社会なら、出世コースか
らの落伍者呼ばわりされることでしょう。“失った”ことを後悔しない、それどころか、喜ん
でいる、という調子でのパウロの訴え(8節)は、古今東西、“負け惜しみ”として処理され
ることでしょう。死人に口無し、汚名を返上できない人物を全世界の王様、あらゆる命
のご主人様としてひたすら礼拝し、告げ広めることを歴史的使命として選び取ってきた
キリスト教会は、対外的には“負け惜しみ”以外に語る言葉を持たないのです。実際、
福音書をご覧いただければ明らかなように、復活のキリストは、キリストが殺されたこと
で落胆していた人々以外の前には、そのお姿を表さなかったのですから。
 この世の勝利宣言は、敗者が決定づけられ、その口は塞がれ、願いが果たされる希
望も絶たれます。しかし復活の主を告白する宣言は、ひたすら「まだ終わっていない」、
「まだ負けていない」宣言であり、自分も、相手も、誰も口を塞がれることがなく、すべて
の人が、今まで信じていた“勝利”が問い直され続け、くり返し、新しい勝利、新しい目
標、新しい歩み出しの中に捕らえられ続けていきます。(12~14節)
 今まで信じていた“勝利”が失われた落胆の中に、復活の主はそのお姿を豊かに映し
出してくださることでしょう。それは、“確信”してきたことのすべてが、 くりかえし揺さぶら
れ、覆されるような対話の始まりとなることでしょう。(15~16節) そして、その対話の苦し
み、葛藤を通して私たちは、どのような人とも対話できる平和へ、どのような人との再会
にも希望を抱く平和へ達するのです。(10~11節)
by hachimejibap | 2015-10-29 10:28 | メッセージ