人気ブログランキング |

八王子めじろ台バプテスト教会 hachimejib.exblog.jp

〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036  礼拝(日)AM10:00~12:10              祈り会( 水曜日 午前10時~11時20分


by hachimejibap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

イエスの母と兄弟たち

テーマ :八王子めじろ台バプテスト教会の契約 「主にある兄弟姉妹」
聖書 マルコ福音書 3章31~35節
2015年5月31日 主日礼拝                   牧師 左右田 理

 「女、子ども」と言うと、“とるにたりない”とか、“足手 まといになる”などの意味で引き
合いにされることが少なくありません。聖書ではイエス様の成人後、父ヨセフの存在が
言及されていないことから、本日の聖書箇所も、社会的に虐げられた母子家庭状態が
読み取られて良いのではないでしょうか。現代日本に広がりつつある、生活困窮家庭
の苦しみが聞き取られて良いのではないでしょうか。「イエスよ、長男として、少しは家
族のことも顧みておくれ…」
 しかしイエス様の身内は、なぜ集会中に、その集会の外へと、イエス様を呼び出そう
としたのでしょうか。福音書のあちこちに記されているように、イエス様が、生活に困窮
している人々に救いの手をさしのべ、その招きに応えて多くの人々が集まっていたこと
は、家族だって見聞きしていたはずです。彼らと一緒に、その集会に加わることはでき
なかったのでしょうか。一つ考えられることは、よそ者、新参者よりも、身内、仲間内が
優遇されるのは当たり前という価値観です。それはこの世の常識と言えましょう。つま
り、既存の社会秩序に貢献、もしくは安定をもたらすような人間関係が優先されるとい
うことでしょう。返す刀で、既存の慣例、慣習を揺るがすような者たちは後回しにされ、
排除されていく…これもまたこの世の常識なのでしょう。(マルコ2:16)
 けれどもキリストの言葉は、そういう既存の慣例や慣習、身内や仲間内優先の人間
関係を揺さぶります。この世で常識とされる、あらゆる優先順位を問い直し、覆していき
ます。(33~35節) それは、周りから優遇されることが幸いででもあるかのように思い込
んでしまう勘違い(的外れ、罪)が、十字架の言葉で砕かれ(罪からの解放!)、この世の
常識、価値観によって見下してきてしまった命との和解の再会、すなわち復活の主のご
支配による人間関係へと、全世界が立ち返るためです。(2コリント5:16~18)
 やがてイエスの母と兄弟たちにも、その復活の主のご支配、和解の福音の勝利が及
びました。(使徒言行録1:14) しかし それはまだ始まりです。いまだ途上です。イエス様
には姉妹も いました。(マルコ6:3) 初代教会時代、困窮・孤立状態にある人がまだまだ
他にも いたのではないでしょうか?私たちの教会はどうでしょうか?神の家族、主にあ
る兄弟姉妹の愛を 分かち合っているでしょうか?今もキリストの言葉は問うています。
by hachimejibap | 2015-06-20 14:45 | メッセージ