人気ブログランキング |

八王子めじろ台バプテスト教会 hachimejib.exblog.jp

〒193-0833 東京都八王子市めじろ台2-15-2 ℡.042-663-7036  礼拝(日)AM10:00~12:10              祈り会( 水曜日 午前10時~11時20分


by hachimejibap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

一粒の麦、地に落ちて死ななければ

テーマ :後生に開かれている祝福 (教会学校月間を覚えて)
聖書 ヨハネ福音書12章20~26節 (新共同訳聖書)
2014年9月28日

 神の救いは、その時代、その社会に於いて、いわゆる“よそ者”たちの群れに与えられ
る恵みでした。(出エジプト記23:9、申命記10:19) 神の歴史的救いは、“よそ者が顧みられ
る祝福”でした。にもかかわらず、やがて救いの民は、救われている自分たちと、救いを
知らない“よそ者”とを線引きし、区分けする礼拝をもって自己正当化していきました。
よそ者が礼拝を汚すことはゆるさない、神を汚すことはゆるせない、という義憤は、救い
主よりも自分を愛する自己義認へ堕していきました。(使徒言行録21:28) 神の家族…
兄弟姉妹…救われた者どうし…そういう身内の満足、仲間内の平穏無事志向こそが、
よそ者を排除してきた自分たちの本性を見えなくさせ、身内、仲間内の被害者性ばか
りが目につくようになってしまったのではないでしょうか。(ヨハネ9:39~41)
 本日の聖書箇所、よそ者がイエス様を訪ね求めて来た時、イエス様は、自ら救い主と
しての栄光を宣言されました。(23節) 救い主としての栄光は、救いの民からの歓迎で取
り囲まれていた絶頂時(12~19節)に宣言されたわけではありません。当時の神殿には、
“異邦人の庭”という、いわゆる礼拝堂の中心部に よそ者を近づけないための隔離場所
がありました。しかし復活の主の栄光(ヨハネ2:19~22)は、よそ者を隔離するどころか、救い
の民よりも優先したのです。イエス様の救いの宣言は、早くから救いと出会い、長く、救
いと向き合ってきた人より、今まで救いを知らなかった人を優先します。(マルコ10:31) しか
し、すでに救われた者どうし、という今までの安心が揺さぶられた群れにしてみれば、自
分たちが否定されるかのような危機感、被害者意識ばかりが増加し、事態はキリストに
対する迫害、十字架の死へと突き進んでいったのです。
  「はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。
   だが、死ねば、多くの実を結ぶ。」(24節)
 教会はキリストのからだとして、イエス様の救いの宣言をしっかり受けているでしょうか。
その時代、その社会から、よそ者扱いされ排除されてきた人々…在日、被差別部落民、
障害者、ゲイ、レズビアン、性同一障害、…そのような方々と共なる礼拝が、教会でどれ
ほど豊かに実を結んでいることでしょうか。みことばを分かち合いましょう。教会学校は、
イエス様の救いの宣言をあらゆる命と分かち合う希望の交わりです。
by hachimejibap | 2014-10-19 18:07 | メッセージ